ニコンDXフラッグシップD500、長年の沈黙を経てついに登場

ニコンのメーカーサイトでフルサイズフラッグシップ機のD5と共に、APS-Cのフラッグシップ機D500の発表について掲載されています。D5のほうは、事前の情報リークが普通にありましたが、D500についてはこれといって確度の高い事前リークが無く、寝耳に水といった感じでした。

発表された時刻が、日本時間の何時かはわかりませんが、午前7時前にはすでに掲載されていました。この朝早くの発表というのも珍しく、驚いてしまいました。

主なスペックは:
・撮像素子はAPS-C、2088万画素
・D5と共通のAF機能。153点AFポイント、中央で-4EV
・コマ速は10FPS。
・14BitロスレスRAW記録で連続200コマの連写が可能。
・バリアングル、タッチパネル液晶

14bitロスレスRAWで200コマのバッファの多さに不満を持つ人はまずいないでしょう。また、このカメラの性格を考えるとバリアングル液晶の採用は意外でした。

私は高速連写系の機種は使っていませんが、これらの機種により培われた技術が私の愛器でありますD800系にも反映されることを楽しみにしています。