SIGMA SD Quattro が一眼レフを捨ててミラーレスになった本当の理由は?

シグマのSD QuattroがCP+2016の目玉の1つだったということは間違いないでしょう。カメラとしての性能や機能以上に、たいへんユニークな外観、ミラーレスとしての成り立ちに注目を集めました。

シグマのSDシリーズはこれまでずっと一眼レフだったのですが、ここへきてミラーレス化してきました。シグマCEOの山木和人氏は、CP+での講演にて、解像度の高いFoveonセンサーとミラーレスとのマッチングがよいからという趣旨の発言をしていました。

よく言われることですが、一眼レフシステムはAFセンサーと撮像面が別の場所にあるため、カメラの解像度が上がるに従い、ピント合わせの精度が問題になっています。これに対し、ミラーレスカメラはイメージセンサで像を読み取ってAFしますから、そういった問題は起こりません。

それにSDシリーズは動き物を高速連写で撮影するといった用途にはもともと不向きで、じっくりと静物や風景に向き合うという性格ですので、一眼レフの高速・機敏な動作という特徴はあまり活かされていませんでした。ここにも、一眼レフにこだわる必要が無い理由が見出せます。

以上のことはシグマ社が述べていることでもあるのですが、私は他にも重要な理由があると考えています。それの一つは、シグマにとって一眼レフカメラの開発が重荷になっていたのではないかということです。

CP+での山木氏の講演では、冒頭で、シグマ社の取り巻く外部環境の悪化で、業績が右肩下がりであることが述べられていました。そして、この話題にかなりの時間を割いていました。これは、「皆さん助けてください!、我が社の製品をもっと買ってください」というメッセージであると同時に、SDシリーズで一眼レフをやめる理由も暗に示しているのではないかと私には思われました。

一眼レフのカメラはいうまでもなく、精密機械の最たるもので、開発には非常にコストや時間がかかります。業績が下がっているシグマにとって、一眼レフの開発を継続するのはかなりの負担であったと考えられます。一眼レフの開発をやめることで、シグマにとっては肩の荷が下りたことでしょう。

以前、シグマの社員へのインタビュー記事で、ペンタックスKマウント用のレンズを出さない理由として「機械部分(絞り)があるので開発が困難」というようなことを述べていたものがあったと思います。これよりよほど困難な一眼レフカメラの開発は、止めたい考えがより強かったことでしょう。

他の理由としては、価格コムあたりに、シグマのAFセンサはオリンパスのフォーサーズのEシリーズと共通ではないかというような書き込みがありました。これが本当かどうかは知りませんが、シグマが一眼レフカメラを作るにあたって、全て内製ということは考えにくく、他社(オリンパスあたり?)の協力もあったのではないかと推測します。そしてオリンパスは一眼レフをやめましたし、キヤノンや仲の悪いニコンが協力するとも考えられず、ペンタックス(リコーイメージング)にそういった余力があるとも考えられません。つまり他社からの協力が得られなくなったので、一眼レフの開発を止めざるを得なくなったという理由もあるように思えます。

まあ、どのような理由であれ、SDシリーズのミラーレス化は、高解像度が持ち味のFoveonセンサでAFをしっかりできるという意味で、私はよいことだと思っています。

なお、CP+にて説明員に、今後SDの一眼レフを出す可能性について尋ねてみたところ、無いということでした。

昔、ペンタックスのフルサイズ機の開発が中止された理由は

海外のデジカメ総合サイトDPREVIEWに、「ペンタックス、フルサイズ機の長くて困難な道のり」なる記事が掲載されています。

http://www.dpreview.com/opinion/4721880615/the-long-difficult-road-to-pentax-full-frame

詳細はリンク先をご覧いただくとして、この記事の中でちょっと興味を引く部分がありました。15年前にペンタックスのフルサイズ機の開発が中止されたのは、公式には「製品化したら価格が高くなりすぎるから」だとされているのは周知のとおりなのですが、この記事を書いたライターは、実はそうではなくて、採用予定だったフィリップス製の600万画素フルフレームイメージセンサーの性能が悪かったからではいようだ、としています。このイメージセンサーは、CONTAX Nデジタルにも採用されたものと同じで、当該センサがイマイチだったというのです(※)。

(3/12追記)
その後に知ったのですが、当時はフルフレームのイメージセンサーを作ることができなかったので、このフィリップスのイメージセンサは複数の小さなサイズのイメージセンサを貼りあわせて作られたそうです。その繋ぎ目のところで段差ができるので、CONTAX N Digitalにおいては各個体ごとに固有のパラメータディスクが付属し、RAW現像の際にはこれを用いて画像を調整する必要があったとのこと。このようなイメージセンサを使ってカメラを作れば、プロもアマチュアも手が出せない、「マニア」にしか使えないものになってしまいますね。ペンタックスが断念したのも当然でしょう。
それに、CONTAX N Digitalの価格は80万円でしたが、イメージセンサの価格もそれくらいしたので作るほど赤字だった。しかし当時の社長のこだわりで作ったということらしいです。価格面とセンサの素性の両方に問題があったわけですね。
(追記終了)

その当時、他にセンサー調達先が無かったので、開発を諦めたのは仕方がないことだったわけですね。コダックのフルサイズセンサーもあったのでは?と思って調べてみると、こちらは2003年に、同センサーを採用した最初のカメラ(DCS Pro 14n)がコダックから出ているので2001年には利用可能ではなかったかもしれません。しかしこのセンサーが利用可能となった時点でペンタックスもフルサイズ機について再検討していれば、その後の命運もまた違ったものになったかもしれませんね。

まあ、たらればの話をあまり考えても仕方がないので、ここは単純にK-1の誕生を喜ぶことにいたしましょう。

(※)とはいえ、CONTAX N Digitalのユーザーレビューを見てみると、画質に関しては絶賛しているものが多いですね。AFやAEに対する不満は大変多いようですが。

ペンタックス初のフルサイズ一眼レフK-1がようやく登場

先月、リコーイメージングから、PENTAX K-1 が発表されましたね。待たれていた方、おめでとうございます。

フルサイズ機の試作機「K-1」は、2001年に参考出品されており、それから15年経った今、こうして「K-1」が製品として世に出ることとなったわけでして、なかなか感慨深いものがあります。この間には、企業としてのペンタックスは消滅し、ペンタックスブランドはHOYAのものとなるなど(リコーはペンタックスのブランド名称を今でもHOYAから借用している)、紆余曲折があったわけですが、そのような困難の中にあっての製品化。成功を願わずにはいられません。

もうここで書くまでもなく、このK-1には、様々なギミックが詰め込まれています。

中でも、K-3IIから採用された、「リアルレゾリューション」が、数あるフルサイズ機からこれを選ぶにあたっての、差別化ポイントかと思っています。

液晶画面などに埋め込まれたLED照明、これは大変便利そうです。私のように夜間、暗闇で撮影することの多いユーザーならば、使ってみるまでもなく、この機能の有用性は強く理解できるでしょう。

また、「ギミック」の最たるものとしては、どんな方向にも向けられるフレキシブル液晶画面。回転方向にまで動かすことが可能となっており、有用性を判断するには実際に使ってみる必要がありそうです。

国内価格は約25万円と、内容を考えるとバーゲンセールと言っていいでしょう。ただ、レンズについては逆に割高感が気になります。たとえば、D FA 15-30mm F2.8は20万円弱と、けっこういい値段。これは、中身が現在、約半額で売られているタムロンの15-30mmのOEMと考えると、価格の妥当性に疑問を持ってしまうのは無理なからぬところでしょう。でも、キヤノン・ニコン・ソニー用を買っても、「リアル・レゾリューション」と組み合わせては使えません。ここに、10万円の価格差の合理性を見いだせるかが鍵となりそうです。