オリンパスのカメラの操作系が難解である件

ツイッターを見ていたら、「オリンパスのカメラ、操作が難しい! 改善するよう皆さんもメーカーに呼びかけを!」といった趣旨の発言が見られました。

私はオリンパスユーザーではありませんが、そのカメラの操作系が分かり辛いということについては、実感しています。

職場にいる人がOM-DのE-M5およびMK2を使っているのですが、何か基本的な操作(具体的には忘れましたが、確かISO感度の変更や、連写モードへの切り替え方など、極めてベーシックなこと)が分からなく、私が質問を受けたけれども実際に見てみても直感的に操作ができない。近くに、より経験の長いオリンパスユーザーがいたので聞いてみても解決できなかった。結局、取説をダウンロードしてみたけれども、即座にはわからず、解決まで結構時間がかかった。そんなことがありました。そして、それは1度や2度ではありませんでした。

知人の写真家(dc.watchに執筆もしている)も、オリンパスの難解な操作系についてはいつも改善を要望しているけれども反映されないと、ぼやいていました。

複雑で分かりにくいメニューシステムがなかなか改善されない理由は、当事者に聞かなければ実際のところは分からないのですが、以下のようなことが原因かと思われます。

カメラを制御するファームウェア(コンピュータのプログラム、ソフトウェア)の中に、メニューシステムを司る部分があります。こうしたプログラムを各機種ごとに1から開発することはありません。それを行えば、膨大な時間、コストがかかってしまいます。ですので、過去に開発した、既存のものに対して、新しい機種に合わせた追加・修正を加えていきます。

コンピュータのプログラムは追加や修正を繰り替えし受けながら変化していきますが、そうした更新が積み重なるにつれ、徐々にその後の新しい仕様に対応するための柔軟性を失っていきます。規模が大きくなるにつれ、ちょっとした変更でもそれが既存機能に与える影響の検証が大変になります。

そうなると、何らかの機能追加をする場合、コストとの兼ね合いで既存機能になるべく影響を与えないやり方で行うことになります。それは開発側に都合の良いやり方であって、利用者側のメリットを考慮したやり方とは異なることが多いのです。そして、このやり方で機能の追加・変更を繰り返していくと、どんどんユーザーにとって使いづらいものになってゆくのです。特に、ベースとなる過去のものを作った時点で想定外だった新しいものを付け加えるような場合、この傾向が強まることになります。また、開発を始めた時点でどれだけ上手に設計したかによっても、その後の変化に対する柔軟性は違ってきます。

以上はソフトのメンテナンスに関わる事情ですが、それ以前に、もともとのメニューシステムの仕様の設計がうまくなかったということもあろうかと思います。基本的な操作が直感的にできないのはそのせいでしょう。それに、新機能の追加に柔軟に対応できないというのも、元々のメニューシステムの仕様的な構造に問題があるのだと思います。

この問題を解消するには、一旦いままでのものをチャラにして、メニューシステムの仕様を再検討し、ソフトを新しく作りなおすしかないと思われます。しかしこれには大変な時間・労力・費用がかかります。今、オリンパスにそれを行う余力がおそらく無いのだと思います。

残念なのは、最近出たPEN Fもこの傾向を引きずったものになっているということ。個人的なことですが、子供時代に家にあったカメラがPEN Fだったので、いずれデジタル版のPEN-Fが安くなったら買ってみようかとも思ったのです。しかし、これのメニューシステムが複雑で難解だと聞くと、やはりその気が萎えてしまいます。PEN Fは今回きりなわけですし(「PEN Fなんとか」は出るでしょうけど)、PEN Fのファームウェアが刷新されることはないでしょうから、「使いやすいPEN-F」を使えるチャンスは我々にはないわけです。これは残念という他ありません。

オリンパスがフルサイズミラーレス市場に参入するとしたら、タイミングは?

先日、オリンパスのフルサイズミラーレス市場への参入についての噂が流れましたが、そのタイミングはいつになるでしょうか。

タイミングについての情報は今のところありませんが、なるべく早いほどよいでしょう。

このような噂が流れるということは、オリンパスがある程度、マイクロフォーサーズレンズの開発に一服感を持っているということではないかと考えられます。マイクロフォーサーズ規格は、開始から、早8年が経とうとしています。昨年、大三元が完成しましたし、その他のレンズも含めると、いつの間にか結構充実しています。パナソニックのレンズも選べることを考えると、相当な充実ぶりです。とはいえ、ここまで来るのに、やはり8年はかかっているわけですから、フルサイズミラーレスのレンズを充実させるにもそれと同等の時間が必要でしょう。

それから、ニコンやキヤノンがフルサイズミラーレスにいずれ参入するでしょうが、その後では遅いです。参入するなら急ぐべきです。

オリンパスがフルサイズミラーレス市場に参入する噂が・・・

デジカメinfoさんのサイトに、オリンパスのフルサイズ参入の噂が出ていました(元:Imaging Resource)。

現オリンパスユーザーにとっては、マイクロフォーサーズがないがしろにされないか懸念する意見も多くあるようです。

私はマイクロフォーサーズユーザーではないので、その立場からいろいろ考えてみました。オリンパスがフルサイズに参入することがいいことか悪いとことか、一概には言えないと思います。

メリットは、選択肢が増えて競争が促進されることですね。フルサイズのミラーレスといえば、ぶっとんだ価格のライカは別として、一般ユーザー向けにはソニー一択という状況です。他に選択肢がないこと、そしてソニーの最近の機種は、ブランディング戦略のためか、かなり高価になってきています。そこにオリンパスが参入して、そうした傾向に変化が生じればよいと思います。

また、オリンパスはすでにマイクロフォーサーズでミラーレスを作るのに慣れています。それに、ハイレゾショットや、強力な五軸手振れ補正、レンズ側とボディ側の手振れ補正を協調させるシステムなど、魅力的な機能を備えたカメラを出しています。そうした機能を持ったフルサイズのミラーレスが出ればよいですね。レンズにしても、大変高性能で魅力的な製品がいくつもあります。そのノウハウがフルサイズでも生かされるとよいと思います。

もしマウントが新規のものならば、ソニーのEマウントよりもマウント径を大きく、フルサイズの広角でも余裕のある設計にできるはずです。EマウントはAPS-C用のマウントに無理やりフルサイズセンサーを詰め込んだ感が否めません。そうした余裕の無さを心配する必要の無いフルサイズミラーレスも存在すべきです。

新規マウントでもマイクロフォーサーズのように、共通規格化してくれれば、更に他のメーカーの参入の可能性もあり、レンズを一社で揃えなければならないという事態は避けられるかもしれません。

逆に、もしマウントがEマウントならば、Eマウントがフルサイズのユニバーサルマウント化している現状、その傾向が更に強化され、Eマウントの利便性も高まります。前述の競争促進の件にも関係しますが、Eマウントのリーズナブルな価格の選択肢も生まれそうです。

オリンパスのフルサイズ参入のデメリットは、もしマウントが独自のものだったとすると、マウントの種類が増えることによるユーザーの不便が生じるということが挙げられます。カメラの世界は、メーカーによる囲い込みによって成り立っており、いまだに昔の8ビットパソコン時代のような不便さがまかり通っています。その時代のパソコンは各メーカーが独自の仕様の製品を乱発する状態で、メーカー間の互換性はまったくありませんでした。ソフトは各メーカー専用となりますので、ある程度ソフトを揃えると他のメーカーにはおいそれと移行できませんでした。それが国民機と言われたNECのPC-9801のほぼ寡占状態になり、今ではWindowsかMacのどちらかを選べばよいという状況です。Windows機に関して言えば、どのメーカーのパソコンを買っても、基本的にWindows用のソフトはどれでも動作しますので、ユーザーは好きなメーカーのパソコンを買えばよいし、メーカーの乗り換えも簡単です。

規格の乱立は、マニアにとっては面白い面も多いのですが、一般消費者にとっては不便なことが多いのです。かりに自動車メーカーごとにガソリンの銘柄が指定されていたら、困ってしまいますよね。その点、カメラ業界はそうした混沌が未だに続いている、数少ない業界です。新規マウントが起こされたら、そのような傾向がますます強化されてしまいます。

これはカメラユーザー全般にとってのデメリットでしたが、新規フルサイズ機のユーザーになる立場での懸念点もあると思います。新規規格ならレンズやアクセサリの新規開発も必要で、特にレンズについてはまた一から開発することになると、「充実した」と言えるまでの期間がどれくらいになるか想像もつきません。先般、フルサイズデジカメ市場に参入したペンタックスの場合は、フィルム時代のAF/MFレンズ資産がありますし、中でも今も現行製品であるFA Limitedシリーズは名作中の名作で、これだけのためにフルサイズデジタルを出すといっても、そこそこ説得力があるという状況でしたので、まだましでした。それでもデジタル向けのレンズはタムロンの協力を得たといってもラインナップ的にはまだまだといった感じです。オリンパスの場合はOMマウントがありましたけれど、やめてしまって久しいですし今更OMマウントもないでしょうから、レンズをまさにゼロの状態から作ることになってしまいます。

他にデメリットがあるとすれば冒頭に挙げた、既存m4/3ユーザーの懸念でしょうかね。

こうして見ると、メリット・デメリットどちらが大きいか、判断は難しいのですが、メリットだけ見ると是非、実現してほしいと思わされます。