シグマのEマウントアダプタ、ニコンF・ペンタックスKマウント用の可能性は?

シグマから、SA・EF→Eマウントアダプタが発表されました。
SAマウント、EFマウントのシグマ製レンズをソニーEマウントミラーレスカメラで使用することを意図した製品です。

これについて、ニコンFマウント用やペンタックスKマウント用を望む声も少なくないようです。その実現可能性はどうなのでしょうか?

メーカーによると、これはSAマウント、EFマウント共に絞りが電磁駆動であり、シンプルな成り立ちであるから実現できたとのこと。

とすると、絞りが機械式駆動方式のニコンFマウント、ペンタックスKマウントは開発のハードルが高いため、可能性としては下がると思われます。

さらに、これはEFマウント用のアダプタでもキヤノン純正レンズは無保証であり、あくまでシグマ製レンズの利用範囲を広げる目的を持った製品です。とすると、事実上、商品化がストップしているkマウント用をわざわざ作るとも考えられず、Kマウント用は、より実現可能性が下がるとみてよいでしょう。

それに、SAマウントとEFマウントとでは、形状は違えど、電気信号に関しては互換性があるのです。違いは形状のみであるため、SAマウント用を作れば、半自動的にEFマウント用もできてしまうのです。他のマウント用の製品を作るならば、そのあたりも始めからやり直しになってしまいます。

そういうわけで、シグマ製のマウントアダプタはSA・EF→Eマウント用で打ち止めと考えるのが妥当でしょう。

しかし、私個人的には、上に記したことが外れることを期待しています。よりたくさんの人が強く望めば、実現の可能性は高くなることでしょう。