ニコンD500のDxoMark総合値は83

D500のDxoMarkテスト結果ってまだ出てなかったっけ?と検索してみたら、つい最近出ていたみたいなので引用してみます。

Overall Score 83
Portrait (Color Depth) 24 bits
Landscape (Dynamic Range) 14 Evs
Sports (Low-Light ISO) 1324 ISO

D7200の値はそれぞれ、87,24.5,14.6,1333 なので数値上は僅かに及んでいないのですが、その差はまあ誤差程度といったところでしょう。
APS-Cトップクラスであることは確かです。D500は画質、機動性、機能が高いレベルでバランスされているので、これから先7年はこれで行けるでしょうか。
個人的にはもう少し解像度があると(24MP)いいと思うのですが。センサ読み出し速度やデータ処理速度がネックになっているのでしょうけど、8Kの時代になれば余裕で解決されているのではないかと思います。

話がDxoMarkからずれてしまいましたが、ちなみにEOS 80Dのスコアも先日、出ていました。こちらは79となり、トップクラスの値に相当近づいてきました。
キヤノンのセンサーは(特にDxoMark数値上では)ソニー東芝にかなり遅れを取っていましたが(実際の使用感になるとまた別)、ここへ来て躍進してきました。東芝のセンサー事業がソニーに吸収され、競争という点では状況が後退した感がありましたが、キヤノンのセンサーがソニーを脅かすレベルになり、再び競争が促進されそうです。ユーザーにとってはよい動きですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です